若宮稲荷神社

勤皇稲荷とも呼ばれ、明治維新前後には坂本龍馬など多くの志士達が参拝したといわれる若宮稲荷神社。延宝元年(1673)、出来大工町乙名の若杉喜三太が自邸に祀っていた南北朝時代の忠臣・楠木正成公の守護神(稲荷大神)を、現在地に移したのがはじまりと伝えられている。
現在は、毎年10月14、15日の例大祭に奉納される竹ン芸で広く知られている。
竹ン芸は若宮稲荷神社の秋の祭りに奉納される行事。男狐・女狐の面をつけた2人の若者が高さ10m余りの2本の青竹の上で曲芸を行い、不思議な響きのお囃子とあいまって幻想的な世界をつくりだす。この曲芸の起源は中国伝来の羅漢踊りで、神社の使いである男狐・女狐が若宮神社の御神徳をよろこんで裏の竹藪で遊ぶ姿を模したものである。文政3年(1820)に、八百屋町が諏訪神社に奉納(長崎くんち)したのがはじまりといわれ、市の無形民俗文化財に指定されている。

鳥居近くには亀山社中跡から移設された高さ約1メートルの龍馬像があり、諏訪神社や新大工町などの街並みを背景に記念撮影ができる。

長崎銘菓・中華菓子の通販 『萬順製菓』 長崎土産におすすめ